環境への取り組み

ホーム > タニザワ エコアプローチ

TANIZAWA ECO APPROACH タニザワ エコアプローチ

産業用ヘルメットのトップメーカー タニザワだから、できる"ココロみ"
タニザワ エコアプローチ。
それは谷沢製作所が提案する、地球の未来を守る活動のこと。
谷沢製作所では、ヘルメットをCO2を排出しない、
ECOな工場で生産しています。
そのヘルメットは、ご愛用いただくことで、皆さまの安全を守り、
そして役目を終えると、地球にやさしい方法でリサイクルをする・・・
という新しい"ココロみ"。
私たち谷沢製作所は、産業用ヘルメットのトップメーカーの自覚のもとに、
皆さまとご一緒にこの活動に取り組んでいきたいと、未来を見据えています。

※ カーボン・オフセットにより、発生したCO2の排出を相殺

CO2排出のない工場で生産→ヘルメットをご愛用→ヘルメット リサイクルボックスへ→資源の有効活用
排出削減努力とカーボン・オフセットにより、  環境に配慮した 、「CO2ゼロ工場」で製品を生産。
  • より詳しい情報へ
  • 特集・取材ページへ
CO2ゼロ工場の考え方

谷沢製作所の産業用ヘルメットの生産拠点である茨城工場。
昨今の環境意識の高まりにより、工場内で排出する二酸化炭素を削減するために、構内の照明を水銀灯からLED照明に交換したり、成形機を油圧式から電動式にするなど、様々な角度で取り組みを行い、成果を上げてきました。
しかし、工場稼動時にはまだ多くの二酸化炭素を排出させてしまうのも事実です。このどうしても削減できなかった二酸化炭素量をこのたび、「カーボン・オフセット」により相殺させる取り組みを開始しました。これにより、茨城工場で排出される二酸化炭素量を理論上ゼロにすることができました。「CO2ゼロ工場」の誕生です。産業用ヘルメットのトップメーカーとして、環境に関してどうしてもやらなくてはならない取り組みであると、私たちは考えています。

オフセット状況
現在使用しているCO2排出権
株式会社カーボントレード

※株式会社カーボントレードは、弊社が採用したカーボン・オフセットプロバイダーです。

皆さまの安全を支え、その役目を終えたヘルメット。 捨てずに、ヘルメット リサイクルボックスへ…。
  • より詳しい情報へ
  • 特集・取材ページへ
リサイクルボックスによる回収率の目標※
※回収率=回収個数÷回収対象ヘルメットの年間の出荷個数

皆さまの安全を守りながらご愛用いただいているそのヘルメットも、いつかは役目を終える時がやってきます。
その時に、ただのゴミとして処分するのではなく、環境と未来を見据え、「資源の有効活用」として、地球環境にやさしい方法でのリサイクルを進めています。ヘルメットの回収には、谷沢製作所の発送用ダンボール箱を「ヘルメット リサイクルボックス」として再利用されることをお勧めします。
まだまだ、小さな試みですが、皆さまの環境への意識とご協力が、結果として、産業廃棄物を減らすことにつながると私たちは信じています。

皆さまのご協力で回収されたヘルメットは、 「エコロ(クリーンエネルギー再生プラント)」で安全にリサイクル。
  • より詳しい情報へ
  • 特集・取材ページへ

皆さまのご協力により、「ヘルメット リサイクルボックス」で集められたヘルメット。その約半数は茨城工場内にある環境対策施設「エコロ(クリーンエネルギー再生プラント)」で、工場内で使用するクリーンエネルギーとして生まれ変わります。
「エコロ」は地球環境を考え、谷沢製作所と日本ファーネス株式会社が長年共同開発してきたプラスチックのガス化プラントです。超高温水蒸気を利用するという、世界に類例のない新技術(特許取得済み)により、CO2の発生を焼却炉で燃焼した時の約1/10に抑え(PE帽体の場合)、NOxやダイオシキンなどの有害物質を発生させずに燃料ガスや温水に変えることができます。
また、残渣の発生もほとんどありませんので、環境にやさしいリサイクルが可能となるシステムです。 現在はプラスチックの全ての材質に対応できないという課題もありますが、より多くの使用済みヘルメットがクリーンエネルギーとして利用できるよう、更なる技術開発に取り組んでいます。
また、回収されたヘルメット残りの半数は、日本ヘルメット工業会のリサイクルシステムにて有効活用されます。

エコロ(クリーンエネルギー再生プラント)
粉砕された、使用済みヘルメット
工場の冷暖房システムのエネルギーなどへ
皆さまの安全を支え、その役目を終えたヘルメット。 捨てずに、ヘルメット リサイクルボックスへ…。
  • より詳しい情報へ
  • 特集・取材ページへ

その1:業界発!エコマーク認定バンプキャップを発売。

業界初のエコマークを取得した バンプキャップ ST#143-ECO

私たちは、頭部を守る保護具としては業界初となる、エコマーク認定のバンプキャップ「エコバンプ」を発売しました。開発にあたり、耐久性や安全性を重視する製品にリサイクル材料を使用することは簡単ではありませんでした。しかし、環境意識の高い皆さまに使っていただきたいという強い思いにより、自動車から回収したバッテリーケースを再利用したリサイクルポリプロピレンを使ったバンプキャップを製品化することができました。
この商品をご使用されることが、ユーザーの皆さまにとって環境への貢献につながるのはもちろんのこと、工場見学等でお客様に被っていただけば、環境に対する意識の高さをPRすることができる製品でもあります。

谷沢製作所は、チャレンジ25キャンペーンに参加しています。