Uシリーズ 安全が常に見える、新しいカタチ。

谷沢製作所

Uシリーズがよくわかる!メールマガジンを購読しよう!

一覧へもどる過去に配信されたメールマガジン

2009年6月30日号UメットメールマガジンVol.21 Uメットソリューション事例紹介 他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Uメット最新情報のご案内】
〔トピックス〕
 ■ Uメットソリューション事例
  ・ビデオカメラ機能(内蔵メモリでの録画)について
 ■ Uメット開発物語
  ~第3章~ 試作2号機の開発、実証試験、そして製品開発へ・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
(株)谷沢製作所 Uメット部です。

先月号のメルマガでも告知させて頂いた『安全健康快適フェア2009』も
無事終了し、おかげさまで多くの方にご来場頂くことができました。
ブースにお立ち寄り頂いたお客様には、たくさんの貴重なご意見やご要望を
頂くことができ、本当にありがとうございました。

今回は、そんなお客様の声からあがっているUメットの使い方について
こんな一例をご紹介させて頂きたいと思います。



【Uメット最新情報】

★Uメットソリューション事例

◆ビデオカメラ機能(内蔵メモリでの録画)◆

「リアルタイム通信」の影に隠れがちな機能ですが、
実はUメットには2GBのメモリが内蔵されており、
約4時間の映像・音声の録画が出来るようになっています。

この機能の使用においては、システムやネットワークは必要ありません。
通信は使用できませんが、Uメットにカメラ、イヤホン、マイク、メモリが
全て搭載されていますので、かぶって電源を入れ、録画ボタンを押せば
すぐにお使い頂くことができます。

これまでビデオカメラを使用して撮影していたものをUメットに変えることで、
手や目線を機器の操作に奪われることがなくなります。
ウェアラブルで作業者の目線を常に追うことができますので、
作業者の作業を録画することで作業ログを残すなど、
“リアルタイム性は不要だけど動画撮影を手軽に行いたい・・・”
といった用途には最適です!

また、撮影したデータは付属のUSBケーブルを使ってダウンロードし、
パソコンの再生プレイヤーで見れるようになっておりますので、
こちらも専用のシステムやネットワークは不要です。

「作業や点検の様子を記録に残しておきたい。」
「作業中にビデオを使用することがあるが、操作が煩わしくて危険だ。」
「将来的にリアルタイム映像通信機器の導入を考えているが、
 まずは映像の有効性を検証するために録画を試したい。」

こういった課題・用途がありましたら、是非ご検討頂ければと思います。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・
◆【Uメット開発物語】
┃ ~第3章~
┃ 試作2号機の開発、実証試験、そして製品開発へ・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・

日本電気株式会社との共同開発の中で本格的にスタートを切った
Uメットプロジェクト。
2007年の10月には試作機の2号機が完成し、危機管理産業展2007にて
お披露目となりました。

この試作2号機は、無線LAN対応となり、1号機のときに
テレビ電話機能付の『タイプA』とアラーム機能付の『タイプB』に
分かれていたものを統合して、ひとつのヘルメットでそれを実現させました。
また、IPに対応したことで複数人の映像や音声を送れるようになったほか、
位置管理機能も実装されるなど、試作機ながら飛躍的な機能アップを
果たしました。

さらに、それらの電子機器類をヘルメットの帽体内側に組み込む
構造としたことで、形も1号機のときに比べて小さくスリムになりました。
しかし、頭に密接する逆に放熱や防水性、衝撃時の頭部保護といった
新たな課題も見つかりました。


それから、この試作2号機の誕生と平行して、
Uメット開発の重要なポイントとなった出来事がもうひとつあります。

それが、厚生労働省が進める『ITを活用した安全衛生管理手法の
構築』プロジェクトに、同年から参画したことです。

特に、このプロジェクトの活動の一環として、2007年の秋から
2008年の初頭にかけて3箇所の製鉄所で試作品のUメットを使った
実証試験を行ったことは、大きな経験となりました。

Uメットにとっては、このときがはじめての現場での使用。
しかも製鉄所という電波の非常に通りにくい環境の中、
実際の作業員の方に実務に近い作業の中で使って頂いたことで、
使い心地や有効性、課題点などについて、様々な生の意見を
聞くことができました。

こうして、次なる課題と実地での結果を踏まえ、
本格的な製品作りがスタートしたのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のお話はここまでです。
続きは、次回のメールマガジンでお届けします!

それでは、今月のメールマガジンはこの辺で。
来月もお楽しみに!

登録フォーム
メールマガジンのご登録
Uシリーズを検討されているお客様はもちろん、すでに活用されているお客様にも
読んでいただきたい情報をメールマガジンとして配信するサービスです。
まだご登録されていない方は、右のボタンをクリックして、登録フォームにお進みください。