LIBRARY

ライブラリー

ホーム > ライブラリ >  保護具のてびき > 保護帽交換の目安 20のチェックポイント(日本ヘルメット工業会版)
保護帽交換の目安 20のチェックポイント(日本ヘルメット工業会版)
保護帽交換の目安となる、20のチェックポイントです。
以下のような保護帽及び付属品は性能が低下していますので、使用しないでください。
また、一度でも衝撃を受けたものや、改造されたものは、外観に異常が無くても性能が低下していますので交換して下さい。

 

FRP製帽体
熱可塑性樹脂帽体(ABS、PC、PE、PP等)
1.縁がかけ又は折れているもの 2.衝撃の跡が認められるもの 3.すりきずが多いもの 4.汚れが著しいもの 5.メーカーがあけた以外の穴があいているもの
6.ガラス繊維が浮き出しているもの 7.着装体取り付け穴にクラックがあるもの 8.著しい変色が認められるもの 9.取り付け部(ブラケット、フック等)に異常があるもの 10.変形しているもの

衝撃吸収ライナー(発泡スチロール等)
11.熱・溶剤によって変形しているもの 12.著しく汚れているもの 13.きず、割れが著しいもの

着装体
14.使用者が改造したもの 15.環ひもが伸び又は著しく汚れているもの 16.縫い目がほつれているもの 17.ヘッドバンドが損傷しているもの 18.汗、油等によって著しく汚れているもの
19.あごひもが損傷し、又は、著しく汚れているもの 20.成形ハンモックにきずがついているもの