会社沿革

1932年(昭7) 2月、谷沢営業所創業
鉱山用諸機械、鉱山用保安帽の製造販売を開始
1934年(昭9) 2月、タニサワ式保安帽の実用新案特許が認められる
1950年(昭25) 6月、株式会社谷沢製作所設立
安全帯製造開始(わが国初)
1951年(昭26) 換気用布風管製造開始(わが国初)
1953年(昭28) 4月、玉川工場竣工
1957年(昭32) 12月、九州出張所開設
以後、全国主要都市に営業所拠点を展開
1960年(昭35) 11月、高槻工場竣工
1965年(昭40) 7月、仙台工場竣工
1967年(昭42) 6月、広島工場竣工
1969年(昭44) 5月、埼玉工場竣工
1971年(昭46) 8月、株式会社常磐谷沢製作所設立
1973年(昭48) 10月、常磐谷沢製作所茨城工場、安全帽のJIS認可工場となる
1974年(昭49) 1月、札幌加工所新設
1982年(昭57) 1月、ファスナー式風管の実用新案出願(昭和63年6月登録)。
10月、携帯用無線機エコーメイトを発売
1985年(昭60) 6月、「ホイッスルホルダー」の発売
12月、冷凍庫用ダクトの初出荷
1987年(昭62) 9月、軽量ヘルメット「かるメット」発売
1988年(昭63) 5月、防音扉1号機出荷
1989年(平1) 8月、新・茨城工場竣工
1992年(平4) 5月、商品センターを埼玉工場地内に開設
1994年(平6) 5月、300gを切る夢のヘルメット「超かるメット」を発売
10月、広島商品センターを開設
1996年(平8) 5月、医療用具販売業の届出を行い、心肺蘇生器「セーフティーOQ」の販売を開始
9月、東北商品センターを開設
1997年(平9) 6月、医薬品販売業の許可
1998年(平10) 3月、相馬工場竣工
12月、ISO 9001認証取得(谷沢製作所技術部と常磐谷沢製作所)
2000年(平12) 2月、ジャストフィットヘッドバンド「EPA」発売
6月、ヘルメット3型式でCEマーキング(欧州規格保護帽EN397:1995)の認証を取得
2002年(平14) 6月、産業廃棄物処理業(廃ヘルメットの破砕)の許可(許可番号0821084755)
6月、使用済みヘルメットリサイクルシステムを開始する。
9月、ISO 14001認証取得(谷沢製作所本社および全営業所)
2004年(平16) 3月、ISO 9001認証取得(谷沢製作所本社・無線技術部、常磐谷沢製作所茨城工場)
9月、茨城工場内にエコロジーセンターを新設
2005年(平17) 1月、乗車用ヘルメットの生産開始
4月、高度管理医療機器等の販売業・賃貸業の許可
8月、自転車用ヘルメットの生産開始
2007年(平19) 6月、新経営理念、新CI発表
2009年(平21) 3月、カメラや通信機能を搭載したヘルメット「Uメット」発売
2010年(平22) 12月、産業廃棄物処理業の許可を返上
2011年(平23) 10月、「タニザワ エコアプローチ」スタート
2012年(平24) 10月、製造部門を常磐谷沢製作所に移管
2013年(平25) 1月、「第2回カーボン・オフセット大賞」奨励賞受賞。
2014年(平26) 1月、常磐谷沢製作所 茨城工場に新倉庫竣工
7月、新型着装体「エアライト」搭載ヘルメット発売
9月、大船渡市に防音扉用作業ヤードを開設
2016年(平28) 4月、一般消費者向け新ブランド「ravina」で、登山女性用ヘルメット「FLUQUE」とハット「ALPIA」発売

詳しくは、タニザワの歴史をご覧ください。